インプラント・入れ歯

インプラント・入れ歯

歯を失った時

歯を失ってしまったまま放置しておくと、うまく話せない、食べ物を噛めないなど、日常生活に大きな支障をきたすほか、体全体の健康にも悪い影響を及ぼします。
当院では、患者さま一人ひとりの歯や口腔内の状態やライフスタイルに合わせて、「入れ歯・ブリッジ治療」や「インプラント治療」をおすすめしています。

インプラント

入れ歯やブリッジは、歯がなくなったときに気軽にできる治療法です。しかし、自分の歯ではない違和感や不具合から、使用しなくなるケースも多くあります。また、周囲の健康な歯に負担をかけ、虫歯や歯周病を広げる原因になることもあり、長期的に考えるとデメリットが大きいのが問題です。
そこで当院では、将来的に健康な歯を残していくためにも、「インプラント治療」をおすすめしています。

インプラントとは

歯の抜けた場所にチタニウム製の土台を埋め込んで顎の骨に固定した後、そこに人工の歯を装着するという治療方法です。

インプラントのメリット・デメリット

メリット

  • ほぼ、本当の自分の歯と同様の感覚で噛める。
  • 噛む力が低下せず、味覚も自然
  • 周囲の歯への負担がない。
  • 見た目が自然
  • 顎骨が痩せていくのを防止できる。

デメリット

  • 手術が必要
  • 歯の状態や持病によっては治療ができないこともある。
  • 顎骨に埋め込むため、細菌感染への注意が必要(正しい清掃習慣を持ち定期健診を受ければ、長く維持することができる。)
  • 保険適用外

当院のインプラント治療

インプラント治療において多くの実績を持つ当院の院長が、患者さま一人ひとりの状態をしっかりと診断し、安全かつ効果の高いプランでインプラント治療を行います。
事前のカウンセリングにも時間をかけ、疑問点や不安点についてはじっくりとご相談に応じますので、まずはお気軽にご相談ください。

入れ歯

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • 一般的な治療なので、比較的簡単に治療が受けられる。
  • 取り外しが可能なため、自分で歯磨きができて衛生的
  • 保険適用の素材があるので安価で利用できる(一部保険適用外の素材もあり)

デメリット

  • 形状が合わないと口の中で動いたりズレたりする。
  • 入れ歯のバネを歯に架けるため、その歯に負担がかかりやすい。
  • 食べカスが残りやすいため、不衛生になりやすい。
  • 取り外して磨くなど、手入れを要する。
  • 痛み、口内の異物感がある。
  • 硬いものやネバるものを噛むときに苦労する。
  • 発音しづらいことがある。
  • 上記の理由から入れ歯をつくっても使わなくなるケースが多々あり、歯のない状態を放置して歯や口腔内の環境が悪化する方もいる。

当院の入れ歯治療

当院では患者さまのご希望やご予算に応じた入れ歯をご提供しています。

保険適用の入れ歯

プラスチックの床で覆うタイプの入れ歯です。
保険適用なので安価で利用できることもあり一般的ですが、食べ物の温度を感じにくい素材のため、いきなり熱い食べ物が喉に入るなどの不便さもあります。

保険適用外の入れ歯

床部分にメタルを使用した入れ歯です。
形状が薄いため、食べ物の温度を伝えやすくなりますが、重みがあり、保険適用外なので高価になります。

  • スタッフブログ
  • 国産小麦パン工房 FullFull
  • 舟越歯科医院フェイスブックページ

歯科サプリ